お知らせ

2016年11月21日のお知らせイベント

フォーラム「高齢社会における文化芸術団体の役割と、新たな協働しくみとは」のお知らせ

終了しました

この度、日本センチュリー交響楽団では英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシルとともに、文化庁から「平成28年度文化庁戦略的芸術文化創造推進事業」の委託を受け「音楽を通して高齢者の生活の質の向上を目指す国際連携プログラム」を実施いたします。

このプログラムの一環として、オーケストラなどの文化芸術団体が、他セクターとどのような協働関係を築き、どういった役割を果たしていけるのかについて、日英の専門家を交えて話し合うフォーラムを開催します。 

本フォーラムでは、日本と同様に少子高齢化が急速に進んでいる英国において、医療・福祉関係者や大学機関と連携しながら、介護施設の高齢者や認知症の人を対象にクリエイティブな音楽ワークショップを展開し、高齢者の生活の質向上等に大きな効果をあげている室内オーケストラ、マンチェスター・カメラータのコミュニティプログラム担当者と音楽家を招へいします。

フォーラム当日は、この高齢者施設でのワークショップの成果を共有するほか、マンチェスター・カメラータの英国での取り組みを紹介するとともに、福祉施設、高齢者研究の分野より代表者が登壇し、パネルディスカッションを開催します。

フォーラム詳細はこちら

 

 

 

放送予定

過去のお知らせ

ページの先頭へ戻る