お知らせ

2017年8月7日のお知らせお知らせ

<参加者募集!>高齢者を対象とした音楽ワークショップ実施のためのファシリテーター育成トレーニング

日本センチュリー交響楽団とブリティッシュ・カウンシルは、プロの音楽家の方に向けて、高齢者を対象にした音楽ワークショップの実践に必要なスキルを身に着ける二日間のトレーニングプログラムを2017年9月9日(土)と10日(日)、東京にて開催します。

2060年には国民の2.5人に1人が65歳以上になると予想される超高齢社会を迎える日本で、文化芸術の高齢社会に果たす役割について期待が高まっています。そこで、楽団では高齢者や認知症の人のためのプログラムで定評のある英国の室内管弦楽団マンチェスター・カメラータと連携しながら大阪にて高齢者を対象にした創造的な参加型音楽プログラムを昨年度より展開しています。これに加えて今回は同様の音楽ワークショップ実践を目指す音楽家の育成トレーニングを東京で実施します。

高齢社会におけるオーケストラの新しい活動や、高齢者を主体とする創造的な音楽創りワークショップのアプローチに興味をお持ちの皆さま、この機会にぜひご参加ください。

詳細、お申込みはこちら(ブリティッシュ・カウンシルwebサイト)→ https://www.britishcouncil.jp/events/musician-workshop

放送予定

NHK-FM「クラシックの迷宮」

ラジオ

○8月26日(土)21:00〜22:00
宮原禎次作曲 交響曲「大大阪」
※大阪センチュリー交響楽団時代の演奏
○再放送 8月28日(月)10:00〜11:00

※なお、緊急の場合は予告なく変更や休止になる場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

過去のお知らせ

ページの先頭へ戻る