• ホーム
  • コンサート
  • コンサートスケジュール 

第236回定期演奏会

2019年 6月13日(木) 19:00開演
  • 指揮:ヤーノシュ・コヴァーチュ

    指揮
    ヤーノシュ・コヴァーチュ

  • ピアノ:ガーボル・ファルカシュ

    ピアノ
    ガーボル・ファルカシュ

  • バルトーク
    舞踏組曲 BB 86a
  • リスト
    ハンガリー狂詩曲 第2番 嬰ハ短調 S.244
  • リスト
    ハンガリー幻想曲 S.123
  • バルトーク
    弦楽器、打楽器、チェレスタのための音楽 BB 114

聴きどころ

第236回定期演奏会 

マエストロ・コヴァーチュとの初顔合わせは2017年7月の第218回定期演奏会でした。魔法にでもかけられたかのようにコダーイの作品に没頭した本番は、センチュリーの歴史に刻まれる感動的なコンサートとなりました。今回、コヴァーチュと取り組むのはリストとバルトーク。ハンガリーに所縁のある作曲家による華やかで、エキサイティングなプログラムです。ヨーロッパの中でも屈指の美しさを誇る都市ブダペスト。この街がドナウ川を挟む、ブダとペストという街が合併して生まれたことは有名ですが、その50周年を記念して書かれた「舞踏組曲」でコンサートは幕を開けます。ハンガリーの出身で、ヨーロッパ各地で活躍したリストの想いは、常に祖国ハンガリーと共にありました。今回は祖国への愛が詰まった二つの作品を披露します。「ハンガリー幻想曲」で独奏を弾くガーボル・ファルカシュは、2011年のリスト生誕200年の記念演奏会でこの作品を演奏しています。コヴァーチュの盟友ゾルターン・コチシュが指揮するハンガリー国立響との共演はブダペストの「芸術家の家」での行われ、格調の高い名演はライブ録音で聴くことが出来ます。「弦楽器・打楽器・チェレスタのための音楽」にセンチュリーが取り組むのは2006年9月の第114回定期演奏会以来のことです。二群に別れた弦楽器が織りなす繊細なアンサンブルをリードするのは、センチュリーが誇るコンサートマスター・荒井英治と松浦奈々です。

定期・特別演奏会のシーズンプログラム(PDF)がダウンロードいただけます。

2019年度
2018年度

ページの先頭へ戻る