• ホーム
  • コンサート
  • コンサートスケジュール 

いずみ定期演奏会 No.40 ハイドンマラソン

2019年 1月25日(金) 19:00開演 (18:00開場)
  • 指揮:飯森 範親

    指揮
    飯森 範親

  • ヴァイオリン:松浦 奈々

    ヴァイオリン
    松浦 奈々

  • ハイドン
    交響曲 第12番 ホ長調 Hob.Ⅰ:12
  • ハイドン
    交響曲 第65番 イ長調 Hob.Ⅰ:65
  • 野村 誠
    ポーコン(ヴァイオリンとポータブル打楽器のための協奏曲)
  • ハイドン
    交響曲 第94番 ト長調 Hob.Ⅰ:94 「驚愕」

チケット購入

聴きどころ

いずみ定期演奏会 No.40 ハイドンマラソン 

今回のハイドンマラソンでは、ハイドンによる古典書法の確立の過程をたどります。交響曲第12番はホ長調という調性が採られていますが、ホ長調の交響曲は意外と少ないもので、100曲を超えるハイドンの交響曲でも今作と第29番くらいのものでしょうか。第2楽章の短調のシチリアーノ風の音楽から第3楽章の快活なプレストに入るところなどは、まさにハイドンの面目躍如です。第65番は一筋縄では行かない作品。3つの勢いある音符から開始する第1楽章から、語るかのようなヴァイオリンの歌に魅せられる第2楽章、3拍子と4拍子が交錯するかのような第3楽章を経て、ホルンが驚異的な活躍を見せる第4楽章まで、随所にハイドンの仕掛けが散りばめられています。いよいよ交響曲第94番「驚愕」という超有名曲を取り上げます。長く仕えたエステルハージ家を離れた後に、興行師ザロモンと出会ってロンドンで書かれた作品です。第2楽章の「びっくり」の強奏があまりに有名ですが、気品のある第1楽章、メヌエットを超えてスケルツォ風の第3楽章、管弦楽の全合奏が凄まじい第4楽章など聴きどころが満載です。センチュリーのコミュニティー・プログラム・ディレクターで、「ハイドン大學」の講師も務める野村誠のヴァイオリン協奏曲「ポーコン」には、ソリストにコンサートマスターの松浦奈々が登場します。この協奏曲を伴奏するオーケストラは3人の打楽器奏者。シンプルなリズムの上で華麗な松浦のヴァイオリンのパッセージが舞います。

チケット 発売中

税込・全席指定・未就学児童入場不可

A席
4,500 
B席
3,500 
車いす席
演奏会毎に
設定

車いす席について

ご予約時にお問合わせください。

>> いずみホール座席表

※取扱いはセンチュリー・チケットサービス(電話予約)です


助成:dl_logo_a_2018102 - コピー

文化庁文化芸術振興費補助金(舞台芸術創造活動活性化事業)

独立行政法人日本芸術文化振興会

いずみ40小

定期・特別演奏会のシーズンプログラム(PDF)がダウンロードいただけます。

2018年度
2018年度

ページの先頭へ戻る