• ホーム
  • コンサート
  • コンサートスケジュール 

いずみ定期演奏会 No.39 ハイドンマラソン

2018年 10月19日(金) 19:00開演 (18:00開場)
  • 指揮:飯森 範親

    指揮
    飯森 範親

  • チェロ:北口 大輔

    チェロ
    北口 大輔

  • ハイドン
    交響曲 第61番 ニ長調 Hob.Ⅰ:61
  • ハイドン
    交響曲 第39番 ト短調 Hob.Ⅰ:39
  • 黛 敏郎
    文楽(無伴奏チェロによる独奏)
  • ハイドン
    交響曲 第73番 ニ長調 Hob.Ⅰ

チケット購入

聴きどころ

いずみ定期演奏会 No.39 ハイドンマラソン 

2018年度第1回目のハイドンマラソンには個性的な交響曲が並びました。「疾風怒濤」時代の第39番を、その次の時代へと飛び出そうとする第61番と第73番「狩り」で挟むプログラムは、昨年度のテーマだった「疾風怒濤時代とパリ交響曲」を発展させた選曲と言えるでしょう。
交響曲第61番はニ長調の明るい作品で、管楽器の聴き所が満載です。第1楽章の爽やかなフルートの響き、第3楽章トリオの美しいオーボエに魅せられたら、第4楽章はプレストで一気に駆け抜けます。交響曲第39番は調性がト短調で、ホルンが4本使われていることから、モーツァルトが交響曲第25番の手本にしたのでは?とよく言われるのですが、その音楽はあまりに印象的でハイドンの交響曲の隠れた傑作です。交響曲第73番は「狩り」というタイトルがついています。ハイドン自身が第4楽章のスコアにフランス語で「狩り」と書き込んだのでそのように呼ばれています。他の歌劇の序曲を転用したこの楽章は、狩猟ホルンが響き渡り、狩りの様子を描写したかのようです。
ハイドンの交響曲の合間に、1960年作曲の黛敏郎のチェロ独奏のための名作を、首席チェロ奏者北口大輔の独奏でお聴きいただきます。BUNRAKUは日本の伝統芸能である文楽をチェロ一本で表現した作品です。三味線の響きや大夫の語りが描写されていて、人形の動きがまぶたの裏に見えるようなこの作品は、強い緊張感と超絶技巧で聴衆を圧倒します。ハイドンと黛の時空を超えた共演にご期待下さい。

チケット 発売中

税込・全席指定・未就学児童入場不可

A席
4,500 
B席
3,500 
車いす席
演奏会毎に
設定

車いす席について

ご予約時にお問合わせください。

>> いずみホール座席表

※取扱いはセンチュリー・チケットサービス(電話予約)です


掲載例

いずみ39

定期・特別演奏会のシーズンプログラム(PDF)がダウンロードいただけます。

2018年度
2018年度

ページの先頭へ戻る