• ホーム
  • コンサート
  • コンサートスケジュール 定期演奏会

いずみ定期演奏会 No.31

2016年 6月17日(金) 19:00開演
  • 指揮:飯森 範親

    指揮
    飯森 範親
    (日本センチュリー交響楽団首席指揮者)

  • オーボエ:ハンスイェルク・シェレンベルガー

    オーボエ
    ハンスイェルク・シェレンベルガー

  • ハイドン
    交響曲 第19番 ニ長調 Hob.I:19
    J.Haydn
    Symphony No.19 in D major, Hob.I
  • モーツァルト
    オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314
    W.A.Mozart
    Concerto for Oboe and Orchestra in C major, K.314
  • ハイドン
    交響曲 第58番 ヘ長調 Hob.I:58
    J.Haydn
    Symphony No.58 in F major, Hob.I
  • ハイドン
    交響曲 第7番 ハ長調 Hob.I:7「昼」
    J.Haydn
    Symphony No.7 in C major, Hob.I

首席客演コンサートマスター荒井英治からのメッセージ

聴きどころ

いずみ定期演奏会 No.31 

ハイドンマラソン2年目のスタートは「昼」からです。昨年の「朝」に続き、ハイドンがエステルハージ公爵の楽団副学長に就任した際に作曲された三部作をメインに据え、他の交響曲も初期の作品を採り上げました。交響曲第7番「昼」は、後期の交響楽的な性格とは対照的なまるで合奏協奏曲のような作風で、当時の楽団の技量の高さが伺えます。交響曲第19番は、モルツィン伯爵の宮廷楽長を務めていた頃の作品で、番号は前後していますが三部作より少し前に作られた作品です。これらの2曲より5年ほど後に作られた交響曲第58番は、第26番「ラメンタチオーネ」、第49番「受難」、第59番「火事」などの個性的な作品とほぼ同時期に書かれており、不均整なメヌエットやモダンな和声を用いたフィナーレなどは、のちの舞台音楽(オペラ)制作へと繋がっていきます。
そして、ハイドンの交響曲と共にお届けするのは、元ベルリンフィル首席奏者であり、現在は指揮者としても活躍しているH.シェレンベルガーを迎えてモーツァルトのオーボエ協奏曲です。彼の奏でる美しい音色と豊かな音楽に酔いしれてください。

定期・特別演奏会のシーズンプログラム(PDF)がダウンロードいただけます。

2017年度
2017年度

ページの先頭へ戻る