楽団紹介 メンバー

荒井 英治

首席客演コンサートマスター荒井 英治ARAI Eiji

1957年生まれ。桐朋学園大学に学ぶ。鈴木共子、江藤俊哉の各氏に師事。1971年、全日本学生音楽コンクール中学校の部東日本第2位1973年、同コンクール高校の部全国第1位。1979年から新星日本交響楽団、1980年から東京交響楽団、そして1989年から2015年までは東京フィルハーモニー交響楽団のコンサートマスターを長きにわたり務める。1992年、モルゴーア・クァルテット結成に参画。ショスタコーヴィチの弦楽四重奏曲全15曲に取り組み注目を浴びる。その後も古典派と現代曲を組み合わせた独自のアプローチを展開、日本を代表する弦楽四重奏団としての地位を得る。また近年はプログレッシブ・ロックをも強力なレパートリーとし、コアなファンを熱狂させている。2015年から2016年の年越しには念願のショスタコーヴィチ弦楽四重奏曲全曲演奏会を開催。ソリストとしてはモーツァルト、J.S.バッハからショスタコーヴィチ、リゲティ、グバイドゥーリナ、池野成に至る数多くの協奏曲を秋山和慶、大野和士、ルドルフ・バルシャイ、ヤーノシュ・コヴァーチュ、井上道義等と共演する。2005年3月、「マスターofヴァイオリン」と銘打ち、東京渋谷オーチャードホールにてコンチェルト・リサイタルを開催、H.J.シェレンベルガー指揮スーパー・ワールド・チェンバー・オーケストラと共演する。同年6月にはV.フェドセーエフに招かれ、モスクワにてモスクワ放送チャイコフスキー記念交響楽団とプロコフィエフ及び外山雄三のコンチェルトを共演している。現在、日本センチュリー交響楽団首席客演コンサートマスター。東京音楽大学教授。

ページの先頭へ戻る