日本センチュリー交響楽団は1989年に活動を開始し、創立25周年を迎えた2014年度には首席指揮者に飯森範親を、首席客演指揮者にアラン・ブリバエフを迎え新たなスタートを切った。2015年度は「挑戦」をテーマに、日本のオーケストラ初の試みであるアーティスト・イン・レジデンスに小山実稚恵を迎え、シンフォニー定期演奏会の金曜・土曜2回連続公演や、ハイドンの交響曲を全曲演奏・録音する「ハイドンマラソン」などにチャレンジしてきた。

2016年度より新たに開始する「エンジョイ・センチュリーシリーズ」では、ジャンルを超えた新たな形態のコンサートを実施。同年秋からは大阪府豊中市に完成予定の豊中市立文化芸術センターの指定管理事業に携わり、豊中市の文化芸術の発展に尽力する。
また、オーケストラ体感コンサート「タッチ・ジ・オーケストラ」や特別支援学校コンサート、ユースオーケストラの運営などの教育プログラムに加え、豊中市や滋賀県守山市での地域連携事業に力を入れている。

「優れた演奏により地域の力を発信する」「オーケストラによる感動と癒しを提供する」「優れた才能を発掘し次世代の育成に寄与する」「国際相互理解や平和に積極的に貢献する」の4つの理念をもとに、演奏を通して多くの人々の心に明るい夢が広がることを願い、新しい時代のオーケストラとして発展を目指している。

The Japan Century Symphony Orchestra was established in December 1989 as the name of Century Orchestra Osaka. In April 2011 the orchestra took the current name and made its new start.

The orchestra announced the appointments of Norichika Iimori as chief conductor, Alan Buribayev as principal guest conductor from 2014: its 25th anniversary.

We are challenging new projects from 2015 as below.

1, The subscription concert series at The symphony hall become to be held 8 times a year, twice each to improve convenience for our customer.

2, We get started The Haydn symphony zyklus called ‘Haydn marathon’ for 8 years at Isumi Hall

Additionally we will participate the joint operation of new concert hall in Toyonaka(the city near OSAKA) from 2016.

Besides holding subscription and special concerts, the orchestra actively promotes music appreciation classes aimed at refining the sensibilities of the younger generation, who will be tomorrow's leaders.

Our aim is to provide not only classical music but music that stirs the soul of every person so that the general public will come to know the joy of listening to great music and attending wonderful concerts. We hope to provide more opportunity for all to come into close contact with music in their daily lives.

We are dedicated to fulfilling our mission to become an orchestra that is loved and respected by not only classical music lovers but also all the people in every walk of life.

ページの先頭へ戻る